ストレートアイロンでセットします

私は癖毛なのですが、毎年、夏になると縮毛矯正ストレートパーマをかけているのです。だけど、去年にかけた時に、右側がかかりすぎてチリチリになってしまったので、今年はパスすることにしました。その代わりにビックカメラでクレイツのホリスティックケアのストレートアイロンを買いました。これは使えば使うほど髪の毛が元気になるということで、それまでストレートアイロンは使うと髪の毛が傷むような気がしていたのですが、これだったら安心して使うことができると思ったのです。さすがに11000円するだけあって、使ったところはピカピカになってするりとストレートになるのです。

髪を染めに美容室に行ったら、美容師さんから「そろそろストレートパーマの季節ですね」と言われましたが、今年はパスするとは言えず、そうですね、と返事をしておきました。

かかりすぎているところに、またストレートパーマをかけてもまっすぐにはならないということをよく知っているのです。ですから、来年までは伸ばして切って、チリチリのところがなくなってからストレートパーマをかけます。

面白消しゴム集めにハマる

子供が、消しゴムを集めています。

私も子供のころはファンシーな文房具などが大好きで、匂い消しゴムや練り消しゴムなんかをたくさん集めていたものです。

子供が嬉しそうに消しゴムを集めているのを見て、とても懐かしい気持ちになりました。

ところで最近は、100円ショップでも面白い消しゴムがたくさん売られているんですよね。

売り場で見かけて、ビックリしてしまいましたよ。

特に子供が気に入ったのが、肉まんやラーメンなど食品類をリアルにかたどった消しゴムたちです。

肉まんなんかはちゃんとせいろに可愛く入っていて、外すことも出来るんです。

麺類のトッピングや野菜の葉っぱも取り外し可能なので、分解したりして楽しそうに遊んでいるんですよ。

もちろん消しゴムなので鉛筆書きも消せますが、消しゴムとして使う人はほとんどいないでしょうね~。

コレクションとして、集めて楽しむ人が多いみたいですね。

子供も、自分のお小遣いを少しずつ出しては買うのを繰り返して、だいぶコレクションが集まってきました。

何をどうするというわけではないのですが、並べて眺めるだけで悦に入っています。

ファッション雑誌に魅せられる

実家に行って、溜まりに溜まった古い雑誌類を整理してきました。

私自身が若いころに買っていた雑誌で、ほとんどがファッション誌です。

整理しながらパラパラと眺めていると、懐かしいスーパーモデルや当時旬だったブランドの広告など、美しい写真がたくさん載っていました。

ずっと見ているうちに、変色や傷みなどもないので、なんだか処分するのがもったいないな~と思い始めました。

そこで、何冊か特に気に入った雑誌をピックアップして、自宅に持ち帰ることにしたんです。

だいぶ前の雑誌なのにも関わらず、今も色褪せない新鮮な驚きがあるものですね。

手の届かないオートクチュールの洋服やトップモデルたちは本当に美しくて、目の保養にもなりましたよ。

ファッション誌くらいでちょっとした夢の世界に浸れるなら、安いものですよね。

長時間うっとり眺めていたので、整理が全く進まなくて困りましたけどね。

最近はネットの普及で雑誌類が売れない時代だと言われていますが、今度本屋さんを覗いて、久しぶりにファッション誌やインテリア誌を買ってみようかな~と思いました。

遺産相続の問題を解決するために広尾の税理士事務所に依頼を出す

サラリーマンだし、税理士にお世話になるようなことなどないと思うかもしれません。確かに確定申告など必要になることはないし、会社を設立するような気持ちもないとなると、そうした資格を持つ人たちと関わりを持つようになることはないでしょう。ですが、ある時、突然親が急死してその資産を家族で相続しなければならなくなったという場合にはどうでしょうか。土地やマンションさらには株などを持っていて、それをどのように話し合いで分割することができるのか、それはとても悩ましいといえます。そして自分たちでできないことではありませんが、それをするには膨大な時間とエネルギーを必要としますし、普段仕事を持っていれば、そのために時間を作るのも、そして誰がどのくらいの遺産を引き継ぐことにするのかをみなが納得するというのはかなり大変なことです。それでやはりお金を支払い税理士に依頼を出すことで、スムーズにそして皆が受け入れることができる結論を出すことができるのです。

どこの税理士に依頼を出すかというのはポイントになります。土地やマンションの評価がどのくらいなのかということも相続税の金額に影響してきますし、それが適正でないと後から追加で税を支払うようなことにもなりかねないからです。それでやはり東京の都心部で事務所を構えて実績のある税理士事務所というのは、信頼ができるし、良い仕事をしてくれるという確信を持ちやすいです。東京の渋谷区にある広尾ではそうした広尾 税理士事務所を見つけることができ、きっとその依頼に応える働きをしてくれることでしょう。特に相続税対策ということにおいては頭を悩ますので、どのような方法があるのか、そして今回の相続で終わりではなくて、この先さらに家族の誰かが死という現実を迎えたときに、相続の問題がまた起きることも想定して、長い目でどのような決定がいいのか、そんなことの提案を受けることもできることでしょう。いずれにしても税理士が入ることで、家族のそれぞれの意見をまとめることができ、ベストな決定が下せるようになるので、こうした分野の問題を長年にわたって扱ってきたプロにアドバイスを求めること、そしてそのために費用を支払うのは納得できることでしょう。

勤勉の象徴、二宮金次郎像の今

外出中、歩きながらまたは自転車に乗りながら、スマホを操作している人を見掛けたことがある。

左右の確認もせずに平気で横断歩道を渡ったりする。道端で操作せざるを得ないなら、せめて立ち止まってほしいものだ。車の運転中などヒヤッとしたこともある。

そういえば、二宮金次郎の像の撤去が相次いでいる、という話を聞いたことがある。

何でも、歩きながら本を読む姿が歩きスマホを誘発する、と言うのだ。

小学校に二宮金次郎像が設置されているケースが多いことも一因であるが、歩きスマホを連想させるとか、子供が真似をしたら危ない等、父兄からのクレームがあったと言う。

しかも、撤去された銅像の代わりに、座像が設置された学校もある。

薪を背負って座って本を読む姿より、やっぱり歩きながらの方が勤勉さも伝わる。

家族のために働き、薪を背負ってまで本を読んで勉学に励み、後に成功した事から、どんな状況にあっても努力を惜しまなければ希望はある、と言う意味で子供たちの教訓にされて来たはずなのに。

時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、座像が登場するなんて驚きである。

勤勉の象徴として親しまれてきた銅像なのだから、たとえ少数でも、本来の姿の二宮金次郎像が残されますように、と願わずにはいられない。

ヘアケアの基本は育毛シャンプー

男性は思春期を過ぎると、頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなってしまうことがあります。これを男性型脱毛症(AGA)といいますが、日本人の成人男性の3人に1人がこの症状に悩んでいると言われています。みなさんも無縁ではないかもしれませんので、AGAを予防するためにも若い内からのヘアケアを欠かさぬようにしましょう。

そこでオススメしたいAGA対策がこちらの育毛シャンプーです。ヘアケアの基本はやはり毎日の洗髪にありますから、シャンプーにはとことんこだわるのがよいのです。刺激が強すぎて頭皮を傷つけてしまうこともある市販のシャンプーと違って、育毛シャンプーは頭皮にダメージを与えることなく皮脂を洗浄してくれます。頭皮環境を健康に整えて抜け毛を予防するためにも、毎日のシャンプーは育毛シャンプーを利用しましょう。

また、育毛シャンプーには育毛成分が含まれていることにも注目したいものです。育毛シャンプーは頭皮を清潔にしてくれるのみならず、毛根に栄養補給をして育毛を促してもくれるのです。もっとも育毛シャンプーと呼ばれるものの中には育毛成分を含まない商品もあるので、育毛効果を期待する場合はぜひとも育毛成分を配合している育毛シャンプーを選んでください。

ベタつくこともある育毛剤などと違って毎日気軽に使えるのも育毛シャンプーの魅力でしょう。AGA対策に取り組むなら、育毛シャンプーの使用から始めてみることをオススメいたします。

ミステリー・ファンタジーから歴史小説までー

とにかく活字が好き子どもの頃から本を読むことが大好きでした。公共図書館という存在すら知らなかった子ども時代。学校図書館は大好きな場所でした。

江戸川乱歩シリーズ、シャーロック・ホームズ、ルパンなどのミステリー系の本が特に好きでした。それは今でも同じです。

夢中になると、いつまでも読んでいたい。家事などやっている場合ではないという感じです。

犯人がわかると、どこかに伏線があったのではないかとまた読み返します。

また、子どもの頃はあまり読まなかったファンタジーも好きになりました。

大人になってから「指輪物語」や「ゲド戦記」、作家では上橋菜穂子さんの作品を読むようになりました。なぜ子どもの頃ファンタジーを読まなかったのかと、残念に思います。

さらに、歴史小説もよく読みます。「龍馬がゆく」「三国志」などは、学生時代、公共図書館で文庫本を借りて通学途中の電車のなかで読んだことを思い出します。

以前に読んだ本を読み返すと、また違った思いを抱くこともあります。

人生のなかでのさまざまな場面で本が出てきます。

残りの人生、どのくらい読めるのかわからないけど、ぎりぎりまで本を読んでいたいなと思います。

一眼レフで風景や人物、生き物を撮るのが趣味です

私はカメラで風景や人物を撮るのが趣味で、いろいろなものを撮るために地方へ足を運びその場所の良いところ、素敵なところをカメラに収めています。

撮った写真はパソコンに取り込んでレタッチと言われる画像編集を行います。

ですが、加工しすぎると自然な写真ではなくなってしまうので明るさなどの調節をして、気に入った写真があるとSNSなどに載せて評価してもらっています。

同じ場所でも撮る角度や明るさで違った顔を撮れるので、一つの場所でも最低二時間、最高六時間撮り続けます。

何百枚とある中から気に入る写真はたった数枚で、その数枚でも自分が納得する写真があればとても満足します。

人物も同様に、同じ人でも角度や表情で見え方や撮り方が変わるのでとても面白いです。

カメラは、写真を撮るところからレタッチをするところもすべて含めて一つの作業だと思っています。

誰かに共有して評価してもらうのですが、素敵ですね、とか、この辺をこうしたらいいよ。などのアドバイスやコメントをいただくととても嬉しいです。

なかなか女性でカメラが趣味の方が周りにはいないのですが、カメラの魅力を知って興味を持っていただけたら幸いです。

飲む日焼け止めで徹底的に日焼け対策

日差しもすっかりと夏らしくなってきた今日このごろで、毎日のお出かけのときには日焼け止めは欠かせないという人も、私だけではないと思います。日焼け止めといえば、最近いろいろなところで話題なのが飲む日焼け止めではないでしょうか。私はずぼらで面倒くさがりでもありますから、来る日も来る日も日焼け止めのミルクやジェルを全身のお肌に塗るのが大変なのですが、飲むだけでいいので飲む日焼け止めはありがたいですね。

もちろん、やっぱり徹底的に日焼けをしたくないのであれば、身体の内側からも外側からも日焼け止めで対策をしておくということが重要であると思います。飲む日焼け止めも近ごろでは結構色々出ていますから、効果のほうも飲む日焼け止め口コミなどを参考にしながら続けやすそうな日焼け止めを選んでしばらく試してみようかなと思って探しています。

スワロフスキーで小物をデコレーションする

様々なカラーのスワロフスキーを使って、小物にデコレーションすることが趣味です。

今までにデコレーションしたものは、小さな物だとボールペンやFRISKなどのタブレットケース。

鏡や、眼鏡ケースなど素材がガラスやプラスチックのものであれば何にでもデコレーションできて楽しいです。

自分だけのオリジナルデザインの物が出来上がります。

キラキラ輝くスワロフスキーはとても美しく、一粒ずつ出来上がっていく工程は楽しいものです。

しかし、スワロフスキーはとても小さいので一粒ずつ隙間なく張り合わせるのはとても大変で、完成までは時間がかかります。

デザインを考え、張り合わせの順番を考えながら進める作業はとても根気もいり、肩こりもひどくなる時もあります。

特に、ipadのケースのデコレーションを友人から受けた時は何週間もかかり、途中で材料を再発注しとたりなど苦労も多かったですが、完成した時の達成感は忘れられないものです。

完成品を渡した時の友人の嬉しそうな顔も印象的でした。

世界に一つだけのオリジナルデザインの物ができることが楽しいし、これからも趣味として続けたいです。