地下鉄の駅について思ったこと

子供が夜遅いので駅まで迎えにきてくれとメールがあったのでいきましたが、雨が降っていたのでついでに傘も持っていくことにしました。突然雨が降ってきたのでサンダルを履き替えようと思いましたが、時間もなく面倒だったのでそのまま迎えにいきました。

地下鉄の改札付近で作業している人が数人したので何をしているのかと思っていると、天井にある蛍光灯を交換しているみたいでした。よく見てみると蛍光灯1本置きぐらいしかないことに気が付きました。省エネだとおもいますが、いままで知りませんでした。

二人一ペアで作業していましたが、外した蛍光灯は3m近く長いタイプで廻りがほこりに真っ黒になっていました。新品に交換すると確かに明るさが増した気がしました。

普段何気なく利用していた地下鉄もいろいろな作業する人によって支えられていることを改めて感じました。