甘くないヨーグルトの我が家での立ち位置

ヨーグルトと言えば、酸味よりも先に「甘い」というイメージがあったのですが、先日父が買ってきたのは無糖のヨーグルトでした。父曰く「乳製品好きが一度は通らないといけない道だ」とのことでした。確かに私も父も乳製品が好きですが、私は父ほどではないので不安でした。

しかし、恐る恐る食べてみると想像以上に美味しかったです。甘みどころか酸味さえ感じませんでしたが、「乳」の濃い苦みや渋みだけが、口元と鼻を突き抜けました。これからは無糖のヨーグルト以外食べられそうにありません。

さて、我が家は新しいヨーグルトを買うと必ずハヤシライスに入れることを試します。今までとあるメーカーの甘いヨーグルトが我が家のハヤシライスのお供の座を守ってきましたが、今回はどうでしょうか。

強い期待とともに入れてみたのですが、意外に合いませんでした。と、いうよりもほとんどハヤシライスに変化を感じませんでした。

ハヤシライスに入れるならば甘みと酸味がないとだめなのかもしれません。これから我が家では普通に食べるヨーグルトと、ハヤシライスに入れるヨーグルトを使い分けることになりそうです・