武蔵村山市の新築の不動産事情

東京の多摩地区の北部にある武蔵村山市。茶畑や果物農園などの風景が見られる中、その平坦な土地には、住宅地が広がっています。この地域では稲作地の宅地化が進みましたが、武蔵村山市も同様の傾向があります。

そんな武蔵村山市の不動産の事情を見てみると、新築の戸建住宅が多い点がその特徴と言えます。家族世帯の人にとっては、新築の戸建て住宅は理想のマイホームと言えますので、武蔵村山市で検討してみるのも良いでしょう。一方、新築マンションの数は、かなり少ないのが実情となっています。土地柄、新築としての不動産の需要は、やはり戸建て住宅にあるようです。

武蔵村山市は郊外型の街として、街道沿いには飲食店や各種の店舗が並んでいます。また大型のショッピングモールもあり、生活しやすい街と言えます。市内には鉄道が走っていませんが、近隣市部の駅が利用でき、都心への通勤も可能です。

参考:武蔵村山市の新築を探そう