薬剤師の転職について

私は病院薬剤師として働いていましたが、現在は調剤薬局で働いています。転職においては、薬剤師転職サイトを利用しました。薬剤師として生きていくために多くのスキルが求められることは知っていましたが、体力との折り合いがつかなくなってきたのが大きな原因です。

私は学生時代から薬剤師に憧れていました。手に職を持っている、資格職であるということは人生に安定感をもたらします。裕福な家庭で育ってこなかった私は金銭の安定面を非常に重視しており、仕事の選択においても「薬剤師なら食いっぱぐれることもない。だからなろう」というような価値観でした。薬剤師という仕事の内容についてはあまり重視していなかったかもしれません。しかし、大学5年の実務実習で大学病院での研修を経験し、「病院薬剤師の仕事は面白そう。やってみたい」と思うようになりました。就職活動は病院中心で行いました。病院見学は軽く10軒は超えましたが、結局、昔から憧れていた地元の大学病院に決めました。

患者さんから憧れられる薬剤師になりたい。そのような思いを持って大学病院で働きだしましたが、現実は思った以上に厳しかったです。残業、土日出勤は当たり前。広い病棟を走り回っているだけで毎日くたくた。一所懸命働いているはずなのに、なぜか患者さんは遠く感じる。看護師や医師からも「薬剤師って何をしているのかわからないよね」と言われる日々に、「どうして私はこんなにつらい思いをしながら病院薬剤師を続けているんだろう」という思いが芽生えるようになりました。

迷いを抱えている頃、薬局に勤めている友人から転職サイトの紹介を受けました。聞けば彼女も病院勤務をしていましたが結婚を機に調剤薬局に勤めることにしたそうです。職場の人には内緒で転職活動を進めることにしました。コンサルタントの方には「ワークライフバランス」「お給料」を重視した職場を見つけたい、という旨を伝えました。さまざまな要件を紹介していただき、その中から「ここなら長く働けそうかも」という調剤薬局を見つけることができました。今では夜7時には帰宅し、土日祝日はしっかりとお休みを取れる、そんな環境でお仕事をしています。転職して思いましたが、やはり体を壊すほど働くのは良くないということです。自分の体を何より大事にして今後は元気に生活していきたいです。