叙述トリックミステリーが大好きです

叙述トリックの本にはまっています。ネットでおすすめの叙述トリックのあるミステリーを探しては、図書館で借りてきて読みふけっています。どの本もとても面白いのですが、まず叙述トリックの本というのは、それがわかっている時点でちょっと面白さが減ってしまいます。

最後になってアッと驚く展開になるものが多いのですが、叙述トリックで有名な本、というくくりで探してしまっているため、読み始めたときからどこがひっかけになっているのかと探してしまうようになってしまいました。

本当は知らずに読んでみて、それが叙述トリックの本だったと気づくのが一番面白いのです。でも、そんな素晴らしい出会いはなかなかないのです。とりあえずはいろいろな人がおすすめする叙述トリックを読んで、どういうところでミスリードを招くのかということをしっかり学んでいきたいと思っています。ミステリーというのは奥が深いので、まだまだ楽しめそうです。