表と裏とどっちがきれい・・・

今日、渋谷をブラブラしていた。少し時間に余裕があったので、雑貨屋さんを見たり、靴屋でスニーカーを試着したりしていた。2時間近くたっておなかがすいたので、喫茶店に行こうとしたら、後ろから太い声がした。

「Hey、女の子!ちょっと待って」その声はB系のファッションに身を包んだ黒人の30歳くらいの男性だった。「君を後ろから見て素敵だと思ったんだ!」といようなことを英語で話しかけてきた。「どうもありがとうございます。

でも急いでるので・・・」と私。田舎者が変な外国人の詐欺にでもあったら親が悲しむとフルスピードで駅まで向かった。そんなこんなしていると、友達との待ち合わせの時間も近づいたので、待ち合わせ場所の新大久保に向かった。

駅をおりてしばらくすると、後ろから「あの、ちょっと後姿が魅力的だったので、ちょっと声かけさせてもらいました」とキャバクラのスカウト。そこで気づいてしまった、褒められているのは後姿だけだということを。