好感の持てる店員さんの接客マナー

接客マナーでもっとも大切なのは第一印象である身だしなみです。いくらお店の外観がお洒落で小奇麗であっても、中にい店員さんのシャツがでろんと伸びていたり、汚れたままの制服を着用しているのは来店されたお客様を不安や不快にさせてしまいます。

そして、どのお客様にも分け隔てなく入店後は直ぐに笑顔でこんにちは、いらっしゃいませ、とご挨拶をして下さい。

その時は勿論明るい声でハキハキと喋るように心がけてください。

お客様には常に注意を配り、困った事があればすぐフォローに入ります。

オススメ商品などがあればこちらから進んで声かけも重要です。

今まで興味の無かった商品であっても店員さんのしっかりとした説明を聞くうちにその商品が魅力的にお客様には移り直接売り上げに繋がっていくことだってあります。

また、その売上を直接体感出来るので店員としてもヤル気につながり、仕事への意識が高まっていく事こそが商売繁盛へと繋がっていきます。

では、お客様とはどのように話をすればいいのか、それは相手の立場にたち聞き取りやすい気持ちゆったりとした口調で言葉遣いには気を付けて話を進めていきます。

身長差がある時などは出来るだけ目線を同じ高さに持っていくとより好感がもてます。

その時、お客様の反応を見ながらふった話題に興味を示してもらえないようであればサッと次の話に切り替えるのが上手い接客です。

また、お客様の話をよく聞くことで親睦を深めるだけでなく、趣味を把握しその方にあった商品を選ぶのにも役立つ基調な時間となりますので些細な事が接客をする上ではとても大切だと言えるでしょう。