現在主流になっているバストアップのサプリの有効成分

薬局やドラッグストアに行くと、棚には様々なサプリメントが並んでいます。しかし、世の中に流通しているサプリメントに比べれば極一部で、現代のサプリメントは必要に応じて使い分けることを前提に、様々な状況に合わせてピンポイントで使用される物となっています。バストアップにもバストアップのサプリがありますし、それも時代に合わせて大きく変化しています。

一昔前のバストアップのサプリといえば、大豆イソフラボンが大量に含まれているものが主流でした。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分で、エストロゲンは乳腺の発達や支給の発育といったいわゆる女性らしい体つきを作るためには必要となるホルモンです。大豆イソフラボンを摂ることで、エストロゲンの働きを代替させようというのが、イソフラボンを摂る目的です。

しかし、現在のサプリにおいて主流となっている成分は大豆イソフラボンではなく、プエラリアという植物から抽出される成分です。亜熱帯地方の落葉樹林に自生するマメ科の植物で、バストアップに効果的な様々な成分が含まれています。プエラリア独自の成分であるプエラリン、ダイゼイン、ゲニステインといったフラボノイドが含まれ、さらに大豆イソフラボンも同量の大豆に比べて40倍もの量が含まれています。プエラリンの美乳効果、ダイゼインやゲニステインのエストロゲン活性誘導体としての効果、さらに周知されている大豆イソフラボンの効能などが、まさにバストアップのために存在している植物と言えます。

こうした効果が有名になり、今では数多くのバストアップのサプリにプエラリアが配合されるようになりましたが、プエラリアには数十種類もあり、どれでも良いというわけではありません。それの中でもプエラリア・ミリフィカという種類の物が効果的とされていて、同じプエラリアが付いている種類でも全くバストアップ効果の無い種類もあります。

プエラリア・ミリフィカの効果は非常に強く、配合されているサプリは確かにバストアップに高い効果を発揮します。しかし、ホルモン分泌による体重の増加などの副作用も発生しやすいので、摂取には十分な注意が必要です。市販されているプエラリアのサプリは種類が多いので、しっかりと調べて安心して使えるサプリを選ぶようにしましょう。