裏を読みながらニュースを見るのは面白い

お隣韓国の騒動はますます大きくなってデモ行進の輪が日毎に熱を帯びてきている感じがします。歴代の大統領の結末を思い出させるスキャンダルになるのでしょうか、どうも韓国らしい結末になるような気がします。もう一つの大きなニュースとして次期アメリカ大統領のトランプ氏の発言を巡って議論が続いており、一部ではトランプ氏の大統領就任を拒否するデモが続いている様です。選挙の結果を拒否するようなデモはアメリカらしくないと思っています。日本にとっても防衛費の負担金問題があり、TPPから離脱を宣言しているトランプ氏ですが、日本では批准に向けてまっしぐらです。アメリカ抜きではこの問題も解決できないと思います。トランプ氏の発言が選挙後トーンダウンしたとはいえ、まだまだ目が離せませんね。日本ではこれらのニュースに隠されていますが、流行語大賞のノミネートが発表されました。その中に小池東京都知事の「アスリートファースト」「都民ファースト」「レガシー」などなど入っていますが、豊洲問題はどこに着地するのでしょうか?移転延期に伴う損害額が発表されました。4億3500万円だそうで、仲卸業者の損害額を含めると幾らになるのか分かりません。これには電気代や人件費が3億円らしいのでそのまま鵜呑みには出来ませんが、東京都民だけじゃなく国民多くの目がそちらに向いています。