ついつい口ずさんでしまう歌

ついつい口ずさんでしまう歌がかっこいい歌ならばいいでしょうよ。けれども実際には違っていたりするから困るのですよね。たとえば今ならば、星野源の「恋」とか口ずさめばカワイイというものでしょうか。もしくは男性ならば、カッコイイとか評判が上がるでしょうか。

けれども実際に、ふとした時に口から出てきてしまう歌は、お菓子メーカーのフルタのCMだったりしますからね。安土桃山時代の茶人の古田織部を全面にフィーチャーしたCMを今、お菓子メーカーのフルタが流しているのですが、ふと口ずさむ歌はそんな歌だったりするのですから。

「フ・ル・ター!」「セッコイヤ〜チョコレート♪」なんて口ずさんでいましたら、「何ですかそれ?」となりますよね。こっちからしても、「なんでしょうね、これ」というようなものですよ。けれども私もとくに何かを意図してフルタのCMソングを歌っていたわけではないのですからね。

そしてまた、ピコ太郎の歌にしてもyoutubeを見たときは「つまんない」ぐらいのことを思っていたのに、今では口ずさんだりしていますからね。好きではないのですけれど。でも、「パイナポーアペン」とか歌ってしまっていますので、「好きなんですか?ピコ太郎」と聞かれますよね。まあ仕方のナイことでしょう。