久しぶりにワークショップに参加しました

リビングに飾っているプリザーブドフラワーのアレンジメントが色が褪せてきたので、新しい物がほしいと考えていたところに友人からワークショップの誘いがありました。タイミング良く連絡をもらったので二つ返事で参加を決めました。

前も参加したことのある教室で、制作中は自由で気兼ね無く友人とおしゃべりできます。ワークショップでは小さなアレンジメントを作りますが、先生が回りながら指導してくれるので質問しやすくて簡単に仕上げることができます。ですが、たまに全体の色使いや形を考えすぎて、徐々に想像と離れて行ってしまう時もあります。

完成後に気に入らない場合は、先生にお願いすると見栄え良く直してもらえます。先生の手に掛かるとどんな作品も見違えるようになるので、参加者はみんなセンスの良い先生に憧れの眼差しを向けます。

さっきまで子育てや職場やご近所の話で盛り上がっていた参加者達は、完成すると同時にいろんな角度からスマホで写真を撮り始めます。席が隣同士だったというだけで「一緒に並べて撮りませんか」と仲良くなる人もいました。

写真を撮る枚数の多さに圧倒されましたが、最後も参加者全員の作品を全部並べて眺めながらお茶をして盛り上り楽しい時間は終わりました。