想像以上だった腹筋ローラートレーニングの辛さ

上半身がだいぶ引き締まってきたのに対し、中々通常の筋トレの成果が出なくて困っているのが下半身の特に脇腹周辺。ここがいつまで経っても弛んでいるおかげで全体的に締まりの無い身体に見えてしまい、かなり残念な事になっているのです。

そこで近くのホームセンターで買ってきたのが劇的に腹筋に効くと言われている、いわゆる腹筋ローラー。見た目は子供用自転車の補助輪の様でかなり可愛いデザインをしているのですが、実際に説明書通りにトレーニングを始めてみると、これがかなりの辛さ。

腕立て伏せの様に身体を押し広げ、戻そうとしても全く力が入らず、そのままベタッと床に寝てしまう有様。数日間頑張ってようやく1セットで数回のストロークに成功したものの、その頃には二の腕や腰が完全に筋肉痛になってしまい、その後は痛みが収まるまでしばしそのトレーニングを休まざるを得ませんでした。

原因としては、どうやら上半身の使い方が間違っていた模様。身体を戻す際はむしろ鍛えるべき腹筋を頑張らせ、お腹を丸め引き戻さないと効果が出ないとの事で、二の腕や腰の痛みから回復したら、その方法で少しづつ負荷を加えていこうかと思っているところです。