ミステリー・ファンタジーから歴史小説までー

とにかく活字が好き子どもの頃から本を読むことが大好きでした。公共図書館という存在すら知らなかった子ども時代。学校図書館は大好きな場所でした。

江戸川乱歩シリーズ、シャーロック・ホームズ、ルパンなどのミステリー系の本が特に好きでした。それは今でも同じです。

夢中になると、いつまでも読んでいたい。家事などやっている場合ではないという感じです。

犯人がわかると、どこかに伏線があったのではないかとまた読み返します。

また、子どもの頃はあまり読まなかったファンタジーも好きになりました。

大人になってから「指輪物語」や「ゲド戦記」、作家では上橋菜穂子さんの作品を読むようになりました。なぜ子どもの頃ファンタジーを読まなかったのかと、残念に思います。

さらに、歴史小説もよく読みます。「龍馬がゆく」「三国志」などは、学生時代、公共図書館で文庫本を借りて通学途中の電車のなかで読んだことを思い出します。

以前に読んだ本を読み返すと、また違った思いを抱くこともあります。

人生のなかでのさまざまな場面で本が出てきます。

残りの人生、どのくらい読めるのかわからないけど、ぎりぎりまで本を読んでいたいなと思います。