ノートパソコンの買う選択肢が広がった

デスクトップ型のパソコンは置き場所がないので、

ノートパソコンをずっと使ってるのですが、

ソフトをいくつも同時に使ったり、

動画のエンコードもすることがあるので、

CPUの型番の後ろにHQと書いてある処理能力の高いものを使っています。

しかし量販店で売られているノートパソコンのCPUは定電圧版の型番の後ろにUと書いてあるやつが多く、

HQと書いてあるものはBTOパソコンに多く、

BTOパソコンは高性能でも何となく不安があるので、

ノートパソコンを買う選択肢が私にはかなり少ないのです。

ところがこれからは買う選択肢が少ない状況が少し広がりそうな感じで、

ノートパソコンで高性能なCPUがいい私にとっては嬉しい話です。

新型のパソコンの発表ラッシュの時期になると、

いつもどんな性能かチェックしてますが、

いつもHQのCPUを搭載するメーカーがどこも搭載しなかったので、

これからは買う選択肢がBTOパソコンだけしかなくなったのかと思ったら、

そうではありませでした。

これから発売されるパソコンのCPUの世代が新しくなったのですが、

いままで2コアだった低電圧版のCPUに4コアが加わったので、

低電圧版のCPUでも今までよりもだいぶ高性能になったのです。

なのでこれからはいろいろなメーカーから買う選択肢ができました。

買う時期は未定ですけど…