外国人には厳しい日本での就職

外国人が日本で働く場合に必要になるのが、就労ビザです。労働ビザや就職ビザなど、いろいろな言われ方もしますが、これはその土地で働くために必要になるビザで、観光などとは違った基準があります。

その国によっていろいろな基準があるのですが、日本はその申請が比較的厳しいと言われています。アメリカなど、移民がやってくるのがそれほどめずらしくない国では比較的ビザを取得しやすく、日本のように移民受け入れの割合が低いと言われている国では、取得しにくいといわれています。

日本の基準は、大卒などの一定の学歴や、専門職の資格、数年の実務などがなければならず、該当しない外国人がやってきて、就労する、ということはできません。

就労ビザでついていくる問題としては、その仕事を続けなければ日本に残れなくなるということもあり、給料を削られたり、労働時間が長くとられたりと、問題のある企業に雇われてしまうと労働環境が厳しくなってしまうこともある、という問題もついてきます。日本に残りたいならこの条件で働け、と迫られるようなことです。

それによって、不法滞在の外国人を生むことになってしまうのです。

日本人の労働力は、高齢化によって減少していますから、きちんとした環境整備は必須です。

しかし一方、きちんとした環境を用意しようとしても、介護業界などは、労働者の日本語のレベルが一定まで達していなければコミュニケーションがとれません。そこまでの先行投資が、労働者、企業にとって負担になったり、そもそも日本人労働者の労働環境の改善はどうするのかなど、いろいろな問題が絡み合っています。