出会いをネットで求めることは人間力の低下でもあり?

今は「出会い」と聞くともっぱら出会い系サイトを思い浮かべてしまう人が少なくない気がします。日常での「出会い」のことに関しては昔より使う頻度が減っている言葉に感じるようになってしまいました。昔はおせっかいなオバサンが「結婚までなら誰か紹介するから」と、物理的に人を通して人を紹介したりしたものだと思います。

今のように出会い系サイトなどありませんでしたからね。でも今は出会い系サイトに自分で登録したり、SNSやネットの掲示板で自ら出会いを求めたりなどをする人が当たり前のように毎日いて、例えネットやサイトなどで出会った人が物理的にはすぐ近所に住んでいた人だったりしても、出会い方はやはり「出会いを目的とした」サイトなどである方が安心なのですよね。

きっとすぐ隣に住んでいる異性に自ら「こんにちは、宜しければお友達から始めませんか?」と尋ねてみて断られたらダメージが大きいですからね。でも昔だったら今よりはありえるような状況だったと思います。今は出会いに関しても皆ネットに頼り過ぎて、人間力が下がっているように感じてなりません。