今日も片付かない私の部屋

季節の変わり目で暑かったり寒かったりしますが、今頃の季節は大掃除をするには暑くもなく寒くもなく、最適な季節と言われてますよね。
昭和時代の頃は初夏になると衣替えしたり、着物の陰干ししたり・・
でもまあ近年は日本も四季を感じるというより、亜熱帯気候のようになってきて、しっかり衣替えをして服をしまい込まなくなってきたのも、部屋が片付かない一因だったりします。
要らない物は捨ててスッキリ・・なんてよく言われますが、私は断捨離反対派です。
元々物を捨てられない時代の人間が、気に入ってお金を出して買ったものをしばらく使わないからと、すんなり捨てられますか? かく言う私も一時はシンプルなのがいいのか!? と思いながらも、祖父母の物から両親の物までかなりのものを断腸の想いで処分してきました。捨てるのが勿体ないと思った高価な着物や紳士服は、海外のリフォームする団体やホームレスの団体に届けたりしました。
どこかで役に立ってくれてるなら・・と思いつつも、やっぱり自分自身が生きてるうちは手元に置いておけばよかったなと後悔してます。
なので物は使い切る。を心がけて、自分自身では処理できない遺品になるであろう物は、遺品整理の業者さんににお願いするつもりです。
好きな物に囲まれてたら、片付いてなくても幸せです。まあ、整理整頓が出来ればもっと幸せになれるかな!?