やんちゃな生徒が目に付く理由

よく、先生は真面目でおとなしい生徒より、手がかかった生徒の方を良く覚えていると言います。実際、私の知り合いの、昔教師をしていたという人も同じことを言っていました。それだけ接する機会が多かったり、怒りであれ、強い感情を持って接すると記憶に残りやすいのでしょうか。

でも、やんちゃはやんちゃでも、ちょっと精神年齢が下というか、おバカというか、そういう子って面白いです。思いもつかないことを言ったり、変な行動をとったり、きっと授業中は先生と生徒以外がそのやりとりを見ていたら大笑いしていることでしょう。具体的にどんな内容かはプライバシーにかかわるといけないので書きませんが、知り合いと生徒のやりとりを聞いていると本が出せそうなくらい面白いです。マンガにするのがいいかもw思考回路が私たちとは違うのでしょうね。

主人のことを思った結果

昨日はそれなりの食事量を作ったにも関わらず、主人のお腹は満足できるという量ではなかったようです。今日は昼寝をしていた主人はお昼を食べ損ねていたこともあり、ちょっと早めの夕食にします。昨日のこともあったし、昼食を食べていないということもあったので、しっかりと手の込んだものを作ります。しかし、今度は量が多いと言って食べきれなかったようです。

同じだけの量を食べきった私を大食いだと言われ、何だかちょっとショックです。主人のことを考えての結果がなかなかいい結果になるとは限らなく、本当に難しいということを感じます。そりゃあ、私は主人ではありませんから、今日はこのくらい食べたいなと言うことが分からなくて当然とは思います。でも、頑張っていることを評価してもらえないということは、次頑張ろうという気にはなれなくなってしまいます。頭の切り替えがどうも難しくて困ります。

ギフトカタログのプレゼント

先日母が親戚の結婚式に出席してきたそうで、引き出物をもらってきました。小さい頃は家族が冠婚葬祭に出掛けるとお土産を楽しみにしていたように思います。母といっしょに開封して中身を見てみたのですが、結婚式とあっておしゃれなお菓子や小物などが入っていて、見るだけでけっこう楽しかったです。側面にお礼状などが入っていたのですが、そのほかになにやらやけに分厚くて重い冊子が入っていると思ったら、ギフトカタログでした。

そういえば最近スーパーのプレゼントショップなどでギフトカタログがおすすめされているのをよく見かける気がします。結婚式の引き出物にもするのですね。

中身を見てみると、小さな家電から旅行券まで、想像していたよりも沢山の種類のものが用意されているようでした。本当に欲しいものが選べるのでこれは嬉しいですね。渡す側としても悩まなくて済むと思うので手間が省けて良いのかもしれません。

私も今度プレゼントを送る機会があったら、ギフトカタログも候補にいれてみようと思います。