友人からもらった紅茶の美味しさ

だいぶ前に、些細なことのお礼で、友人から紅茶をもらいました。

それはデカフェの紅茶。私はカフェインに弱くて飲むと眠れなくなってしまうので、配慮してわざわざデカフェのものをくれたのです。

さてその紅茶。成城石井で買ったものというところからも品の良さを感じますが、アールグレイにハーブで風味付けがしてあって、とにかくめちゃくちゃ美味しいです。デカフェなので刺激になる心配もないので、私は、気分を落ち着かせたいときや、寝る前などに飲んでいます。

私は紅茶よりもコーヒー派なのですが、コーヒーはカフェインレスにすると風味が落ちてしまい今ひとつなので、カフェインの入っていないものが飲みたいときはその紅茶を飲むようにしています。

デカフェのものにも色々あって、たとえば、ハーブティーでもとから茶葉が入っていないものなどもあるのですが、正直なところ、私は茶葉からカフェインを抜いて作ったものの方が好きです。その方が高くつくのですが、紅茶の味が好きなので、やっぱり茶葉入りの方が好きなのです。

その友人には、今度の誕生日にお礼をしようと思っています。それほど親しくない友人なので、何をあげればいいのか、今から悩んでいます。

努力ではなく才能で決まるという見方

ネットでも配信中の虎ノ門ニュースに出演中の武田先生がなぜあのようにいつも笑顔で自信に溢れていて言いたい事が言えるのか気になっていました。

東大卒だから頭がキレキレなのだろうと月並みに思っていたのですが、何とお父様も京大卒らしいのでやはり血筋で正解でしょう。

京大卒の父の優秀なDNAを引き継いでるので偉くなって当然だし、だからいつも凡人にはありえないあれだけの余裕が見せられるのでしょう。

多分あの先生はガリ勉で東大にやっと入学できた必死な類ではないので、我々のような下等な輩にも余裕で対応できしかも嫌味がないというパーフェクトな向き合い方ができるのでTV等にも引っ張りだこなのだろうと思いました。

あの先生を見てると人は努力ではなく才能だという気がどうしてもしてしまいます。

ですから早いうちに自分の才能の有無を見極めることが重要で、才能に恵まれていれば将来高評価な人物になれる可能性がありますが、そうでなければ普通の生活者としての人生の選択肢しか無いことを早めに知るべきでしょう。

ところがその肝心なことがうやむやにされてるというか、なるべく教えないのが今の社会のような気がします。

会社で働くにしても正規か非正規かの選択肢しか無い社会なのにいまだに終身雇用があると勘違いしている人が多過ぎるような気がします。

好感の持てる店員さんの接客マナー

接客マナーでもっとも大切なのは第一印象である身だしなみです。いくらお店の外観がお洒落で小奇麗であっても、中にい店員さんのシャツがでろんと伸びていたり、汚れたままの制服を着用しているのは来店されたお客様を不安や不快にさせてしまいます。

そして、どのお客様にも分け隔てなく入店後は直ぐに笑顔でこんにちは、いらっしゃいませ、とご挨拶をして下さい。

その時は勿論明るい声でハキハキと喋るように心がけてください。

お客様には常に注意を配り、困った事があればすぐフォローに入ります。

オススメ商品などがあればこちらから進んで声かけも重要です。

今まで興味の無かった商品であっても店員さんのしっかりとした説明を聞くうちにその商品が魅力的にお客様には移り直接売り上げに繋がっていくことだってあります。

また、その売上を直接体感出来るので店員としてもヤル気につながり、仕事への意識が高まっていく事こそが商売繁盛へと繋がっていきます。

では、お客様とはどのように話をすればいいのか、それは相手の立場にたち聞き取りやすい気持ちゆったりとした口調で言葉遣いには気を付けて話を進めていきます。

身長差がある時などは出来るだけ目線を同じ高さに持っていくとより好感がもてます。

その時、お客様の反応を見ながらふった話題に興味を示してもらえないようであればサッと次の話に切り替えるのが上手い接客です。

また、お客様の話をよく聞くことで親睦を深めるだけでなく、趣味を把握しその方にあった商品を選ぶのにも役立つ基調な時間となりますので些細な事が接客をする上ではとても大切だと言えるでしょう。

目標は1日1万歩、現実は…

最近ようやく、念願の活動量計を手に入れた。リストバンドタイプのもので、時計のように左手に身に着けることができ、歩数、、距離、消費カロリー、上った階、心拍数まで計測可能である。筋トレするのがすきなので、脂肪燃焼ゾーンの心拍数の域に達しているかどうかを知ることができるのはとてもありがたい。それに、歩数や消費カロリーがわかればゲーム感覚で自分の生活をアクティブに変化させられるのが魅力的である。

今日はまずありのままの自分の生活を測定してみることにした。主にデスクワークが多いので、筋トレ以外は運動といえることはしていない。5000歩くらいは歩いているだろうと思ってみてみると、今日一日の歩数は4,350歩であった。やはり、私の日常生活で日々10,000歩達成には意識的に一定の時間にジョギングやウォーキングをすることが必要だ。

叙述トリックミステリーが大好きです

叙述トリックの本にはまっています。ネットでおすすめの叙述トリックのあるミステリーを探しては、図書館で借りてきて読みふけっています。どの本もとても面白いのですが、まず叙述トリックの本というのは、それがわかっている時点でちょっと面白さが減ってしまいます。

最後になってアッと驚く展開になるものが多いのですが、叙述トリックで有名な本、というくくりで探してしまっているため、読み始めたときからどこがひっかけになっているのかと探してしまうようになってしまいました。

本当は知らずに読んでみて、それが叙述トリックの本だったと気づくのが一番面白いのです。でも、そんな素晴らしい出会いはなかなかないのです。とりあえずはいろいろな人がおすすめする叙述トリックを読んで、どういうところでミスリードを招くのかということをしっかり学んでいきたいと思っています。ミステリーというのは奥が深いので、まだまだ楽しめそうです。