遺産相続の問題を解決するために広尾の税理士事務所に依頼を出す

サラリーマンだし、税理士にお世話になるようなことなどないと思うかもしれません。確かに確定申告など必要になることはないし、会社を設立するような気持ちもないとなると、そうした資格を持つ人たちと関わりを持つようになることはないでしょう。ですが、ある時、突然親が急死してその資産を家族で相続しなければならなくなったという場合にはどうでしょうか。土地やマンションさらには株などを持っていて、それをどのように話し合いで分割することができるのか、それはとても悩ましいといえます。そして自分たちでできないことではありませんが、それをするには膨大な時間とエネルギーを必要としますし、普段仕事を持っていれば、そのために時間を作るのも、そして誰がどのくらいの遺産を引き継ぐことにするのかをみなが納得するというのはかなり大変なことです。それでやはりお金を支払い税理士に依頼を出すことで、スムーズにそして皆が受け入れることができる結論を出すことができるのです。

どこの税理士に依頼を出すかというのはポイントになります。土地やマンションの評価がどのくらいなのかということも相続税の金額に影響してきますし、それが適正でないと後から追加で税を支払うようなことにもなりかねないからです。それでやはり東京の都心部で事務所を構えて実績のある税理士事務所というのは、信頼ができるし、良い仕事をしてくれるという確信を持ちやすいです。東京の渋谷区にある広尾ではそうした広尾 税理士事務所を見つけることができ、きっとその依頼に応える働きをしてくれることでしょう。特に相続税対策ということにおいては頭を悩ますので、どのような方法があるのか、そして今回の相続で終わりではなくて、この先さらに家族の誰かが死という現実を迎えたときに、相続の問題がまた起きることも想定して、長い目でどのような決定がいいのか、そんなことの提案を受けることもできることでしょう。いずれにしても税理士が入ることで、家族のそれぞれの意見をまとめることができ、ベストな決定が下せるようになるので、こうした分野の問題を長年にわたって扱ってきたプロにアドバイスを求めること、そしてそのために費用を支払うのは納得できることでしょう。

勤勉の象徴、二宮金次郎像の今

外出中、歩きながらまたは自転車に乗りながら、スマホを操作している人を見掛けたことがある。

左右の確認もせずに平気で横断歩道を渡ったりする。道端で操作せざるを得ないなら、せめて立ち止まってほしいものだ。車の運転中などヒヤッとしたこともある。

そういえば、二宮金次郎の像の撤去が相次いでいる、という話を聞いたことがある。

何でも、歩きながら本を読む姿が歩きスマホを誘発する、と言うのだ。

小学校に二宮金次郎像が設置されているケースが多いことも一因であるが、歩きスマホを連想させるとか、子供が真似をしたら危ない等、父兄からのクレームがあったと言う。

しかも、撤去された銅像の代わりに、座像が設置された学校もある。

薪を背負って座って本を読む姿より、やっぱり歩きながらの方が勤勉さも伝わる。

家族のために働き、薪を背負ってまで本を読んで勉学に励み、後に成功した事から、どんな状況にあっても努力を惜しまなければ希望はある、と言う意味で子供たちの教訓にされて来たはずなのに。

時代の流れと言ってしまえばそれまでだが、座像が登場するなんて驚きである。

勤勉の象徴として親しまれてきた銅像なのだから、たとえ少数でも、本来の姿の二宮金次郎像が残されますように、と願わずにはいられない。