ストレートアイロンでセットします

私は癖毛なのですが、毎年、夏になると縮毛矯正ストレートパーマをかけているのです。だけど、去年にかけた時に、右側がかかりすぎてチリチリになってしまったので、今年はパスすることにしました。その代わりにビックカメラでクレイツのホリスティックケアのストレートアイロンを買いました。これは使えば使うほど髪の毛が元気になるということで、それまでストレートアイロンは使うと髪の毛が傷むような気がしていたのですが、これだったら安心して使うことができると思ったのです。さすがに11000円するだけあって、使ったところはピカピカになってするりとストレートになるのです。

髪を染めに美容室に行ったら、美容師さんから「そろそろストレートパーマの季節ですね」と言われましたが、今年はパスするとは言えず、そうですね、と返事をしておきました。

かかりすぎているところに、またストレートパーマをかけてもまっすぐにはならないということをよく知っているのです。ですから、来年までは伸ばして切って、チリチリのところがなくなってからストレートパーマをかけます。

面白消しゴム集めにハマる

子供が、消しゴムを集めています。

私も子供のころはファンシーな文房具などが大好きで、匂い消しゴムや練り消しゴムなんかをたくさん集めていたものです。

子供が嬉しそうに消しゴムを集めているのを見て、とても懐かしい気持ちになりました。

ところで最近は、100円ショップでも面白い消しゴムがたくさん売られているんですよね。

売り場で見かけて、ビックリしてしまいましたよ。

特に子供が気に入ったのが、肉まんやラーメンなど食品類をリアルにかたどった消しゴムたちです。

肉まんなんかはちゃんとせいろに可愛く入っていて、外すことも出来るんです。

麺類のトッピングや野菜の葉っぱも取り外し可能なので、分解したりして楽しそうに遊んでいるんですよ。

もちろん消しゴムなので鉛筆書きも消せますが、消しゴムとして使う人はほとんどいないでしょうね~。

コレクションとして、集めて楽しむ人が多いみたいですね。

子供も、自分のお小遣いを少しずつ出しては買うのを繰り返して、だいぶコレクションが集まってきました。

何をどうするというわけではないのですが、並べて眺めるだけで悦に入っています。

ファッション雑誌に魅せられる

実家に行って、溜まりに溜まった古い雑誌類を整理してきました。

私自身が若いころに買っていた雑誌で、ほとんどがファッション誌です。

整理しながらパラパラと眺めていると、懐かしいスーパーモデルや当時旬だったブランドの広告など、美しい写真がたくさん載っていました。

ずっと見ているうちに、変色や傷みなどもないので、なんだか処分するのがもったいないな~と思い始めました。

そこで、何冊か特に気に入った雑誌をピックアップして、自宅に持ち帰ることにしたんです。

だいぶ前の雑誌なのにも関わらず、今も色褪せない新鮮な驚きがあるものですね。

手の届かないオートクチュールの洋服やトップモデルたちは本当に美しくて、目の保養にもなりましたよ。

ファッション誌くらいでちょっとした夢の世界に浸れるなら、安いものですよね。

長時間うっとり眺めていたので、整理が全く進まなくて困りましたけどね。

最近はネットの普及で雑誌類が売れない時代だと言われていますが、今度本屋さんを覗いて、久しぶりにファッション誌やインテリア誌を買ってみようかな~と思いました。