不器用でも楽しめるオリジナル100均リメイク

おしゃれなインテリアや、かわいい雑貨が大好きだけど、雑貨屋さんやインテリアショップで売っている物は正直なところ高いです。似たようなものを100均ショップや300均で探してみると「似てるけど、やっぱり安っぽい」ということが多々あります。以前は妥協していたのですが、ネットサーフィンしている時に、100均リメイクをされている主婦の方のブログを知りました。ブログを訪問してみると、お洒落な雑貨屋さんで見かけたグッズと似たようなテイストの物の画像があちこちに。

確かに100均リメイクをされている方の中には、DIYスキルの高い人もいるようですが、転写シールを貼るだけ、ペイントするだけ、という物も結構多くて「これなら私も出来るかも」と思い、翌日、早速100均に走りました。私ももともと不器用だから、出来る範囲内でちょっとプラスチックのシンプルなティッシュケースに転写シールを貼ったり、木製ボックスにニスを塗ったり、デコパージュする程度ですが、自分の手を加えた雑貨でインテリアを楽しめると思うと今まで雑だった掃除さえ、楽しくなるので、一石二鳥の趣味だと思います。

私の大好きな、お庭のDIYガーデニング

今の家に住んで今年でまる10年。

入居当時は、『自分たちで庭を作ろう!』と気持ちだけは十分で、作業は全然進みませんでした。

徐々に庭にレンガを敷いたり、ウッドデッキを作り、花壇を作り、フェンスを作り。

いろいろな植物を植えてみたりしました。

花壇は、『あれもこれも植えよう』と思い、花がいっぱいで混雑してしまった事もありました。

季節によって、植え替えたり、手入れが必要だったり、子育てと同じだなぁと思いながら時間がある時にちょっとずつ楽しんでいます。

庭のフェンスは、未だに建設途中です。

外周の三分の一が設置できていて、残りは暖かくなってから!と思って2年がたってしまいました。

今年は時間を作って設置完了できるようにしたいと思います。

DIYもガーデニングも自己満足の世界だと思いますが、自分が楽しくできればそれで良し。

今年はどのくらい庭が変わるか、今から妄想すると気持ちがワクワクします。

妄想だけが先走って、行動が伴わなかったりという事が多々ありますが、

良くも悪くも自分の趣味。

本当に楽しく笑って出来ることをいつも心がけています。

部屋着のまま買い物に行きました

私は部屋ではTシャツとトリンプのニットのモモヒキのようなものを履いているのですが、近所に買い物に行くのに着替えるのが面倒で、その上からダウンコートを着て、前をしめてわからないようにして買い物に行きました。

途中で脱ぐ必要がないので、部屋着のままでいいのです。ダウンコートでしっかりと暖かいので、寒くないのもいいです。でも、今日は割と暖かくて、ダウンコートは暑すぎました。

でも、部屋着のままで買い物に行くにはコートを着て、カモフラージュしてからでなければ行けないのです。部屋に戻ってきたら、コートを脱ぐだけで部屋着に戻るので、とっても簡単です。駅ビルに買い物に行く時も、部屋着の上からコートを羽織っていくことが多くて、途中で友達に出会ったりしてお茶しよう、というようなことになったらちょっと困ります。

でも、気軽に行けるのは今のうちで、夏になるとコートが着られなくなるので、カモフラージュすることもできなくなるので、今の内だなと思います。気軽に買い物に行くにはコートは外せないですし、簡単なカモフラージュでいいです。

出会いアプリでハイスペック彼氏を探すために頑張ってます

私ってば見た目はギャル系なのに根は意外と真面目だからか知りませんが声をかけられることはあっても恋人はなかなかできません。

もちろんハードルを下げることによって彼氏なんていくらでも

作れますが、私が求めているのは誠実な真面目な出会いです。

人としてこれから長く付き合っていきたいと考えていますから、尊敬し合えるような関係の人でなければなりません。

そんな人なかなか身近にいないこともあって何年も彼氏なんていなくてもいいと考えていましたが、暇つぶしにちょっと出会いアプリを使ってからは日本全国のハイスペック男子とやり取りをしています。

出会い系アプリって多くの場合には女性が無料なことも多いので助かりますね。

さすがにお金を払ってまでとは考えられないのですが、身元確認がしっかりしているとか、安心できる要素があればお金を払っても安いものです。

むしろ課金することで自分の身元もしっかりとチェックしてくれるんだったら安心、安全なのではないでしょうか。

実際ポイント課金制の優良出会いアプリはたくさんありますしね。

もちろん出会い系アプリによっても評判は違いますから、しっかりとその辺のリサーチは行うようにしたほうがいいです。

とくに、女性の場合には切羽詰まって突拍子もない行動に移しがちですが、素敵な彼氏は簡単にできると思わずのんびりとマイペースがよいのではないでしょうか。

人によってはすぐにハイスペック彼氏ができることもありますが、あまりにもハイスペックであれば自分もそれに釣り合わなければならないのでちょっと負担です。

理想はお互いがのんびりとまったりできる関係を作れるような人ですね。

ただ、やっぱり女性として結婚を意識するのであれば年収も必須項目なので、年収高めの男性を探しています。

別に共働きとかには抵抗はありませんが、女性は結婚をすると出産するシーンもありますから、そんな時に支えてくれるような人でなければなりません。

お金にはあまり困っていることはないので、自分でもそこそこ稼げる系の女子ではあります。

でもやっぱり最後は男性に頼ったりして、男を立てなければならない時ももちろんあります。

ですから、私はそんなハイスペックでなごみ系の男子をともかく探そうと毎日出会いを求めて探しているのでした。

料理好きな私

私は、料理がするのが大好きです。

暇さえあれば、料理の本やサイトをよく見ています。

小さい頃から母の手伝いをしていたせいか、いつの間にか料理の魅力にどっぷりハマってしまったのです。

手順を考えながら作っている時も楽しいし、作り終えた時の達成感がとにかく最高です。

私は、出来上がりの見た目も結構気にするので、盛り付けもかなりこだわっています。

一人暮らしをしていた時も、毎日自炊をして自己満足をしていましたが、今は主人がいるので作り甲斐があって、とても良いです。

そして主人のために、料理のレパートリーを増やしたいと思い、料理教室を通い始めたのです。こんな時短テクニックあるんだ!とか、この材料の組み合わせもありなんだ!とか、色々と新たな発見があるので日々勉強になります。料理教室を通い始めて良かったです。

毎日、美味しいと言って食べてくれる主人のために、これからも料理研究をしながら腕を磨いていきたいと思います。

それから、ちょっとお菓子作りも興味があるので、お菓子作り教室にも通おうかなと検討中です。

シュークリームやチーズケーキを、上手に作れたらいいなぁなんて思います。

出会いがないのではなく、きっかけがないのだ

私はどちらかというと婚活パーティなどに出席して相手を見つけることに対して抵抗があるのですが、ある時プチ同窓会で聞いた男友達の言葉になるほどと納得しました。それは、「出会いがないないと言いながら何もしないよりかは、自分から行動した方がよっぽど合理的だと思う」という趣旨の内容です。

確かに、本当に出会いが欲しいとか、その先の結婚まで見据えているとかいう人の場合にはその方が良いでしょうね。いつまでも自分が受け身で待っている状態だと、よほど運が良くなければ出会いは降ってきません。

これだけ出会いがないという現象が起こるのには、職場での恋愛を避けている人が多いからでしょうか。そもそも異性が少ないという職場もありますが、そうでない場合は仕事とプライベートを分けて考えている人がいるのだと思います。もしも告白して振られたとしたら、毎日行く職場は居心地の良い場所とは言えなくなります。そこに8時間勤務するわけですからね。

また、たとえ恋が実ったとしても別れてしまったらやはり空気は重くなります。周りに知られていたとしたら余計そうですよね。だから職場恋愛を避ける傾向があるのでしょう。

男女の出会い自体はそこいら中に転がっているのですが、それを恋愛へと発展さえるほんの少しの糸口がないのです。だから出会いがないというよりは、それを恋愛へと移行させるきっかけがないと言った方が正しいのかもしれませんね。恋愛に対して傷つくことを恐れすぎな人が多いのかもしれません。

ファイナンシャルプランナーに家計診断をしてもらいました

戸建を購入しようと住宅展示場に行き、気になったハウスメーカーのモデルルームを見させてもらいました。

営業マンにいろいろ説明してもらい、なんだか戸建に対する夢や希望がどんどん膨らみました。

その際に営業マンから我々が本当に戸建を購入できるのか、購入したあとどのようなライフプランがあってどのくらいのお金がかかるのか、ファイナンシャルプランナーに相談できますがいかがですか、と提案がありました。

結婚してからずっと家計は私が運営していますが、このやり方でいいのかどうかわからず不安でしたので、即承諾して早速次回ファイナンシャルプランナーに会って相談する日程を調整しました。

ファイナンシャルプランナーに会う当日、夫と子供は前日夜遅くまで遊んでいたので、夫に子供を預けて私1人で住宅展示場に行きました。

ファイナンシャルプランナーの方は男性で穏やかな感じの方で、私の希望や要望を聞きだしたり、いろいろ説明をしてもらったり、私の質問は適格にわかりやすく答えていただき、とても勉強になりました。

このヒアリングを元に次回会うときまでに、私たち家族の最適なライフプランを作成するとのことです。

次回はぜひ夫にも聞いてほしいので家族で行こうと思いました。

確実にターゲットに仕返しするための復讐代行

復讐代行の基本的な工作は迷惑メールと無言電話ですが、業者によっては本格的に調査をして様々な工作をする場合もあります。別れた男に復讐したい場合には迷惑メールなどよりもその事実を会社に知らせるほうが痛手になるので、本格的な工作任務のできる業者を選ぶ必要があります。

実際に在籍していた会社ならば自分の力で情報を流すことができますが、取引先などに情報を流したい場合は情報工作を依頼して復讐の対象者だけでなく、会社も巻き込んで社会的な地位を低下させます。

別れた男の社会的な地位が低下すれば仕事や家庭に支障をきたすので成果があったと認められます。復讐代行が迷惑メールや無言電話の場合は成果が見えにくいので、確実に対象者に対して送信されたことが確認できる証拠を提示してもらう必要があります。

迷惑メールは自分で行うとサーバーのログなどから正体がわかってしまうことがありますが、復讐代行業者は海外のサーバーを利用して攻撃をするので、わかってしまう心配がありません。

無言電話も自分がするとすぐにわかってしまうので業者にしてもらう必要がありますが、効果に関しては未知数なので、復讐の成果をどの段階で認めるのか決めるのが難しくなります。

料金は安い業者で20万円から30万円程度で、本格的な工作を依頼すると数百万円になることもあります。工作のメニューとしては、迷惑メールや無言電話の他にも黒魔術や加持祈祷などによる呪いの儀式やゴミ不法投棄などもあります。

確実に復讐を実行したい場合は、信頼できる業者に依頼をする必要がありますが、それを見つけるのが難しいという問題があります。高い料金を支払うことになるので、身元がしっかりしていて、過去の実績に問題のない業者を選ぶことが大切です。

また別れた男に復讐をする場合に、その男と交際をしている女性に工作をしかけて別れさせることもできます。これは別れさせ工作や復縁工作として依頼できますが、調査に時間がかかるために諸経費や交通費、人件費などが高額になる可能性もあります。

しかし恨みが深ければ高額の資金を用意して本格的な復讐をしてもらうこともできます。違法な行為をせずに恨みをはらすことができる復讐代行は信頼と実績で業者を選べば後悔することはありません。

話題になっている電話占いを体験しました!

最近、幅広い年齢層の間で話題となっている電話占い。
ずっと気になっていました。
でも「占い」というと、何となく宗教に勧誘されるような気がするのは私だけ?
全く知らない人と話をするのは苦手だし、料金や個人情報も気になるし…。
悩みは自分で解決するもの!
と、結局なにもしないまま時間だけが過ぎていきました。
そんなある日、何気なく見ていた情報サイト内に現れた電話占いの広告バナー。
いつもならスルーしているのですが、その日は恋人とケンカ中ということもあり…思わずクリックしてしまいました。
その電話占いは、口コミで人気を集めているらしく、長文の感想がずらり。
当たる!とか、凄い!とか、感謝の言葉が並んでいました。
その中には、私と同じように恋愛の悩みを抱えている人や、解決が難しい大きな問題を抱えている人まで、実に様々。
みんな頑張っているんだな、私も頑張らなきゃ!と気持ちを切り替えてページを閉じました。
そして、そろそろ休もうと布団に入るも、いつになく全く寝つけない。
無性にその電話占いが気になっていました。
私はなにかに突き動かされたかのように、電話占いの情報を調べました。
調べていくうちに、電話占いはフリーダイヤルで通話料が課金されないタイプのものや、自動音声システムと呼ばれるシステムできっちり鑑定時間を測ってくれるものがあることが分かりました。
また、自分の個人情報が直接、占い師に伝わることもないとのこと。
私の先入観とは全く違い、本当にきめ細やかな配慮がなされている!
私は、今の自分を変えたくて、思いきって電話占いを体験することにしました。
無料会員登録を済ませ、気になった先生に予約。緊張して震える声の私を癒やすように、電話の向こうの声は穏やかでカウンセラーなような優しい印象。
はじめは恋愛の悩み相談から始まりましたが、気づけば人生についての悩み相談まで。
先生は、ひとつひとつ的確にアドバイスして下さいました。
ときおり、私が伝えていないことまで言い当てられ…これは本物だと感じました。
電話してよかった!!
この電話占いに出会えたから、絶望の淵に立たされても希望を失わずに済む!そう思うと悩みが軽くなるし、安心感があるので自然と前向きになれるんです。
人間って、不思議。ちょっとしたキッカケで大きく変わる人生…。これから、どうしても解決できない悩みを抱え込んでしまったら、迷わず相談しようと思います。

B型肝炎訴訟と、B型肝炎給付金制度って何?

時折TVのCMで見かける、B型肝炎訴訟やB型肝炎給付金制度とは、どういうものなのでしょうか。

このような特殊なことはあまり関係ないと思う人がほとんどですが、ベビーブームなどで幼児期の人口数が多く、集団予防接種を受けている人は耳を傾ける必要がありそうです。

当時の集団予防接種のやり方で、B型肝炎の自覚症状がない持続感染者(血液中にウィルスを保有するキャリア)や、

一過性の既感染者(微量にウィルスを肝臓に残している状態)になってしまった患者を生んだ事が、その後多く判明することになったからです。

B型肝炎訴訟に関係するのは、幼少期(0~7才)集団予防接種の際の注射器の連続使用(使い回し)によってB型肝炎ウィルスに感染した人のうち、

持続感染者で、キャリアと言われる血液中にウィルスを保有している状態の人(一次感染者)と二次感染者(母子感染)やその遺族です。

他人へうつす可能性もさることながら、慢性肝炎から肝硬変、肝細胞がんへ至る危険性があります。

1.B型肝炎とは

B型肝炎とは、ウィルスが体内に入ると肝炎を起こし、長く肝臓に住み着いて慢性化・キャリア化します。

肝硬変や肝臓がんの原因ともなっています。

この非常に感染力の強いウィルスは、大抵の場合母子感染(ウィルスを持った母親から分娩の際感染)、ウィルスに汚染された血液の輸血や性行為が感染経路です。

B型肝炎には、一過性感染と持続感染があり、他の人にうつしてしまう危険がある状態は、血液中にB型肝炎ウィルスがある“キャリア”(持続感染者)です。

これまでは一過性の急性肝炎にかかっても、治癒すれば完治とされていましたが、最近になってB型肝炎のウィルスの遺伝子は肝臓内に一生残ることが判明し、

抗ガン剤治療による免疫力の低下により重症の肝炎を引き起こすことが懸念されています。

2.B型肝炎訴訟とは

B型肝炎訴訟とは、昭和16年から昭和63年まで、幼少期(0~7才)に受けた集団予防接種の際の注射器の連続使用(使い回し)によって、

B型肝炎ウィルスに感染した事が原因となり、持続感染(キャリア:血液中にウィルスを保有している状態)の人が、国に対し損害賠償請求を求めた訴訟です。

国に対する国家賠償請求訴訟を提訴できる対象となる人は、発症から20年以上経過している人がほとんどであり、一次感染者で死亡者の遺族をはじめ治療中の人、

治療を受けていない人、母子感染者などの二次感染者も含まれます。母子感染とB型肝炎給付金は弁護士に相談すると良いでしょう。

3.B型肝炎給付金制度とは

B型肝炎給付金制度とは、昭和16年から昭和63年まで、幼少期(0~7才)に受けた集団予防接種の際の注射器の連続使用(使い回し)に関して、

国がその予防対策を怠った責任を認め、賠償金として給付金を支給する制度です。

給付金の参考金額は、3,600万~50万円ですが、病状や治療の有無、発症からの経過年数でも大きく変わります。

B型肝炎給付金の請求期間は、2022年(平成34年)1月12日です。

4.裁判手続きを弁護士に依頼するメリットとデメリット

B型肝炎給付金制度で面倒なのは、国に対する国家賠償請求訴訟を提訴し、認定されてはじめて給付金が支給されることです。

必要書類の収集は弁護士に相談したほうが、わかりやすくスピーディなうえ、弁護費用として国からも給付金額の4%が支給されるというメリットがあります。

一方デメリットとしては、給付金額が低い場合は経費でそのほとんどを費やしてしまい、せっかくの給付金が手元にほとんど残らないと言うケースもあります。